セミナー

バリ・ファスティング合宿体験日記

リビングフード&リトリートinバリ島 1日目

1月23日~27日までリトリートツアーに行ってきました!

宿泊したのはデンパサール空港から車で約2時間。
山奥にあるBAGUS JATIという素敵なホテルです。






泊まったお部屋はヴィラタイプ。
まさにバリ式のお部屋でとっても贅沢でした。

現地に到着したのは夜だったので、
リビングフードの夕食からスタート。




・人参ジュース
・無農薬野菜のサラダ
・パパイヤと生姜のスープ
・温野菜ロールとテンペ ガドガドソース

ホテルの敷地内で野菜や果物も栽培しているので、出てくる料理はもちろん無農薬!
味がしっかりとして大地のエネルギーを感じます。

断食明けの体に優しい夕食、おいしくいただきました。

2日目に続く・・・

リビングフード&リトリートinバリ島 2日目

この日は朝7:30~ヨガでスタート。
ヨガルームはとっても開放的でこれまた贅沢な環境。
新鮮な空気を吸いながら、自分の体に意識を集中します。





今日から毎朝フレッシュなレモン水1Lを飲みます。
ファスティングをすると体が酸性に傾いているので朝レモン水を飲むのが効果的です。
レモン水はデトックス効果も高いとのこと。

人間の体は約60%の水でできており、1日2.5Lの水分を代謝しています。
体が水分不足になると、消化不良、体力不足、イライラ、むくみなど
様々な症状となって現れます。
代謝が悪いのも水分が足りていないのが原因の一つ。
質の良いお水を積極的にとることは非常に大切です。

さて、ヨガの後は朝食のデトックススムージーをたっぷり飲みました。
※スムージーはこれを2杯です!


・フルーツ
・デトックススムージー(現地の葉野菜を使用)

スムージーには良質なココナッツオイルとチアシードが入っていて腹持ち良し。

朝食後は民族衣装に着替え、ヒンドゥー教のお供え「チャナン」作り&バリ式のお祈り。
このチャナンはお供えものとして必須だそうで、いれる箱もすべて手作りです。
現地の方は手慣れた様子であっという間に完成させていきます。


日本とは全く違う作法を体験することができました。

その後移動し、グヌンカウィ寺院見学し、
聖なる滝での沐浴体験。


あいにくの天気で、道中とんでもない豪雨に...やっとの思いで滝までたどり着きました。
前回は地元の方たちでかなり混んでいたようですが、今年は私たちの貸切状態で
しっかりと沐浴してきました。
※沐浴の写真をアップできなくてすみません。



その後ホテルに戻ってお楽しみのランチ。


・スイカのガスパッチョ
・サラダ(レモングラスドレッシング)
・ズッキーニのパスタ
・マンゴープディング

ガスパッチョはピリ辛でスイカをスープにするという発想が面白い、余ったスイカの使い道に困っていた、
など参加者の方たちも興味津々でした。



午後の一休憩終え、今度はジャムー作りとリビングフード調理のデモンストレーション。
ジャムーは生ウコンをすりおろし、水、ライムの絞り汁、塩、はちみつと混ぜ合わせます。

◎胃の調子が悪い時
◎女性のホルモンバランス調整
◎疲労回復
◎飲みすぎ

などなど、自然のお薬のような役目が。
滋養強壮には卵黄をいれることもあるそうです。
思ったより飲みやすくて、ここでまた体にエネルギーチャージをしました。


ここで作る野菜は化学的な農薬は一切使用しておりません。
現地でとれるモリンガ、ビターリーフ、ルッコラ(写真:右上)などから
手作りの虫除けスプレーを作り、虫を殺すのではなく避けることで
私たちの口に入っても安全な野菜作りに力を入れているそうです。




ゆき先生の調理デモではココナッツヨーグルトとチア・プディングを作りました。
ゼラチンを使わないプディングや植物性のヨーグルトを一から簡単に作れることに一同感心です。


2日の夕食はボリューム満点。



・ココナッツウォーター
・パプリカスープ
・サラダ(人参ウコンドレッシング)
・ラザニア
・ローチョコレートブラウニー

おなかもいっぱい、アクティビティも盛り沢山で大満足の1日でした。

3日目に続く...

リビングフード&リトリートinバリ島 3日目

3日目の朝もレモン水をつくることからスタート。

この日は朝食前に朝市見学にみんなでいってきました!

活気があふれていて、青果物、肉、魚、お供え物、洋服などなど
様々なものが売られていました。
弊社のおかゆにも使われているインドネシアの発酵食品テンペは
出来立てホヤホヤのものが並んでいたり、
日本ではなかなか手にいれることができない生ウコンも。
それにしてもとにかく安い!
市場は地元の人たちには欠かせない生活の一部です。
ここで調理デモに使う地元の果物をGETしました。

ホテルに戻り、本日の朝食は
グリーンジュースと前日に作ったチアプディングです。



生アーモンドミルクに浸けておいたチアシードはゼリー状になってプルプル。
チアは南米原産でスーパーフードといわれており、
食物繊維と必須脂肪酸αリノレン酸がとても豊富に含まれています。


朝食後はグローリーのファスティングセミナー&調理デモ。


今回は藤本の講義だけでなく、参加者の方たちのファスティング体験なども
語っていただきました。
ゆき先生の調理デモでは、スムージーの食材選びのポイントや味の決め手などを勉強。
また、地元野菜や果物もいくつか紹介されました。
朝市でGETした果物もスムージーの材料として活躍!

またホテルのシェフにデザートの調理デモも行っていただきました。

普段缶詰などでしか見たことないココナッツミルクの作り方にも感心しましたが、
何より葉っぱから作るゼリーには目が点。
ダルマンという葉っぱを洗濯するかのように水の中でモミモミ。
みるみるうちに青汁が出来上がります。
ここからが不思議ポイント。
この青汁、時間がたつとプルプルのゼリー状に固まってくるのです。
もちろんゼラチンなどは一切入れていない、ベジタリアンゼリーです。


そして本日のランチ。
ジャックフルーツのサラダは面白い触感でこれまた美味。


作りたてのダルマンゼリーはデザートとして、
ココナッツミルクの優しい甘さと相性Good。
口の中に入れるとすぅーっと、とけていく、何とも不思議な触感のゼリーでした。


そして食後のティーはゴツゴラのフレッシュハーブティー。
このゴツゴラという植物は"脳のアンチエイジング"に効果的だそうです。
苦味やえぐみ等のクセは一切なく飲みやすかったです。




最終日に続く...

リビングフード&リトリートinバリ島 最終日

いよいよ最終日です!
この日も朝ヨガで1日をスタート。
2日目のときと違う先生で、難易度の高い技に悪戦苦闘。
自分の体の衰えを改めて実感しました。。。
でも体を動かすことは気持ちが良いですね。


朝食は2日目の調理デモで作ったココナッツヨーグルト。
うまく発酵できているのかドキドキ。
食べてみると、まさしくヨーグルト手作りで植物性ヨーグルトができるなんて感動。
ライムorレモンをかけるとナッツ臭さが消え、より一層おいしくなるそうです。
はちみつをかけて甘味をプラス。



その後はウブドという街に出て、それぞれフリータイムを満喫。

私が行ったバリ・ブッダというお店には手作りローのお菓子やグルテンフリーのマフィンなど
面白いものが沢山おいてありました。
日本にもこういうお店があったらいいのにな。

フリータイム後は皆様と合流し、大型ショッピングセンターでお買い物。
外国のスーパーの品揃いはどこにいっても豊富!なのでずっといても飽きませんね(笑)

十分に買い物をし、"夕日を見ながらケチャダンス"会場へ移動。

本番始まる直前、雨が降ってきてしまい一時はどうなるかと思いましたが...
これも清めの雨かなと耐えていたら
空に綺麗な虹の橋がかかっていました。
しかもダブルレインボーだったんです。(写真でうまく撮れなかったのが残念)


ケチャダンスとはバリ島だけで見られる独自の芸能。セリフがなく体の動きで表現します。
楽器を使わずに、上半身裸で、腰に布を巻いた男性の集団が円陣を組んで、
チャッ!チャッ!チャッ!と合唱して踊ります。




セリフがなくとも表情や体の動きで登場人物の気持ちがちゃんと伝わってくるんですね。
バリ島の地で本物のステージに触れてぜひ体感してほしいです。
そしてツアーの締めくくりは浜辺でディナー。




ご参加いただきました皆様、4日間本当にお疲れ様でした。
ファスティングの大切さをそれぞれの方の想いで共有できたこと、
また、普段なかなか食べることができないリビングフードを体に取り入れながら学ぶことができたこと、
感謝の気持ちでいっぱいです。

グローリー・インターナショナルはこれからも皆様のご期待に応え、少しでも貢献できますよう、
全力を尽くしてまいります!
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。